スキップしてメイン コンテンツに移動

映画 トーキョーフィアンセ Tokyo Fiancée & Amélie Nothomb アメリー・ノートン


今晩は、フランスでも人気のベルギー人女流作家アメリー・ノートン(Amélie Nothomb)の半自伝小説を映画化した「トーキョー フィアンセ(Tokyo Fiancée)」を見に行って来ます!

こちらやじるし(下) デコメ絵文字
公式トレーラー

アメリー・ノートンのお父さんは外交官で駐日ベルギー大使だったこともあるので、アメリーも日本に住んでいたことがあり、ずいぶん前に日本の会社で働いた経験を基に書いた小説
畏れ慄いて(おそれおののいて)」(Stupeur et Tremblements)が映画化され、小説もフランスで大ヒット!本 デコメ絵文字


畏れ慄いて by アメリー・ノートン

小説も読んだし、映画も見ました~。
一部誇張もあったけど、面白かったです(笑)

何人かのフランス人に「日本の会社はほんとにああなのか?」と聞かれたことがあります(笑)動物*アニマル*かわいい*キュート*ゆるキャラ のデコメ絵文字

アメリー自身も大きな帽子をかぶっていて、エキセントリックで面白い人だな~というイメージ。
前回の「畏れ慄いて」では、会社勤めのパブリックなアメリーで、今回の「東京フィアンセ」はプライベートのアメリーという設定みたいです。

アメリーを演じたベルギーの女優さん、顔も恰好もかわいくて、揺れる寿司のピアスがGoodでした!寿司 デコメ絵文字

たまに見かけるマカロンのピアスをしてるようなものかな。
あれもかわいい~マカロン デコメ絵文字






にほんブログ村
豚 のデコメ絵文字 よろしければポチお願いします。
  

コメント

このブログの人気の投稿

Le Clos Y Paris / Restaurant français à Paris / French restaurant in Paris / ル・クロ・イグレック パリ

夏の終わりに スフレンハイム焼き Poterie de Soufflenheim à la fin de l'été

<

Sébastien Gaudard Pâtisserie à Paris パティスリー セバスチャン・ゴダール

にほんブログ村
よろしければポチお願いします