フランスのアルザス老舗クロス 「ボーヴィレ」@リボーヴィレ Je suis allée à ribeauvillé chez le fabricant Beauvillé.

1756年創業のアルザスの老舗クロス、布、高級テーブルウエアのショップ、Beauvillé(ボーヴィレ)に行ってきました!
ストラスブールから65kmぐらい離れたアルザスワイン街道沿いの観光地としても有名なRibeauvillé (リボーヴィレ)とゆう村に工場兼直売所がありますワイン デコメ絵文字

21 Route de Sainte-Marie aux Mines, 68150 Ribeauville

ルイ15世によって王立産業に指定された織物印刷の技術を今も守る由緒ある工房ですテーブル デコメ絵文字
NHK「旅するフランス語」で常盤貴子さんもこちらの工場と直売所を訪れていました。
工場のほうはTVだったので特別に入れたみたい。同じ敷地内にあります。

ボーヴィレジャパン日本総本店は目黒の都立大学駅から2分のとこにあるみたいですね。

私が住んでいるストラスブールからリボーヴィレには高速で50分ぐらいで到着しました自動車 デコメ絵文字
山の上に2つの朽ちたお城が見えてきます。

この道路を左に回って、

坂道を上がっていくと左側にボーヴィレが見えて来て、到着。

山 デコメ絵文字後ろにはボージュ山脈の森林が迫っています。

こちらが直売所入り口。
私を含めお店の中で4人の日本人の方をお見かけしました。

ボーヴィレの製品は大統領府のエリゼ宮でも使われているとか。

テーブルクロスなどのテーブルウエアを使ったディスプレイもあちこちに。
フランス語でテーブルクロスはNappe (ナップ)、
ランチョンマットはSet de table (セット ドゥ ターブル)と言います。


ちょうど行ったときは夏のセール中で、全品レジにて20%OFF!
ラッキ~きらきら音符 デコメ絵文字
ボーヴィレは高級テーブルウエアなどで、セールはほんとに狙い目。
ストラスブール市内でも買えますが、直売所で買ったほうがお得です。

ストラスブール市内で買えるお店は大聖堂正面にのびる道にある、Nappes d'Alsace (ナップ ダルザス)で買えます。
Nappes d'Alsace 
6 Rue Mercière, 67000 Strasbourg

今年2017年の全国サマーセールは6月28日~8月8日。
フランスのセールは夏と冬に国によって決められた期間に一斉にセールを行うのですが、
だいたい毎年水曜日に始まります。

クッション デコメ絵文字2Fにはクッションがあります。



お店はコの字の形になっていて、通路を渡って行った先にもコーナーが続いています。


昔のスタンプ。
布に模様を付けるためのもの。

ひとで&貝がら デコメ絵文字夏らしい海洋生物柄のディスプレイ。

通路を渡り切った先のコーナーでは、防水加工imperméabiliser(アンぺルメアビリゼ、舌を噛みそうだけどWaterproofのこと)したクロスを売っていました。

ちなみに、私が買った防水加工をしていない布のテーブルクロスやランチョンマットは、まず24時間水に付けておいて、そのあと30℃で洗濯機で洗ってから使用してくださいとあったので忠実に守っています。
初めのルールを守れば、あとは他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫です洗濯機 デコメ絵文字
色落ちでもするからかな?と最初は思いましたが、全くそんなことはありませんでした。

外から見た防水加工布コーナー。


全然気にならない範囲で、少しプリントがずれたものとかはさらにお得価格で売られていました!

私が買ったものたち。
「朝このクロスを見ると幸せな気分になれるの。」とお話した日本人の方に言われ、触発されて買ったかわいいフルーツモチーフいちご デコメ絵文字さくらんぼ デコメ絵文字

黒いリボン デコメ絵文字やっぱり定番のHANSI(アンジィと発音しますが、日本ではハンジで知られてます)柄。
アルザスの民族衣装を着た女の子やクグロフがかわいい!

透明な袋に描かれたロゴマークは自由の女神。
NYやパリ、お台場にある自由の女神像を作ったアルザスのコルマール出身のバルトルディへのオマージュ自由の女神 デコメ絵文字



クッションも買いました~。
来年のセールにもまた行って違う柄を買い足したいですソファー デコメ絵文字


にほんブログ村
よろしければポチお願いします!

コメント