Yadokari beads new products added 新作 & choses bon pour la santé オーガニックいろいろ

まだ更新途中ですが、Yadokari beadsの新作や品切れになっていたものいくつかUpdateしました。
ぜひご覧くださいピアス デコメ絵文字






写真のスワロフスキーのスターカボション用の枠、販売終了。。気に入っていたので残念です。。
復活販売してほしいな~。

Innovations Printemps/Eté 2017 Pearlescent White Pearl


こちらは一足お先にスワロフスキーの2017年新作、Swarovski 2017 Spring/Summer InnovationsのPearlescent White Pearl ですパール(6月) デコメ絵文字

これがとっても綺麗で一目ぼれ!
マットなつや消しパールにうっすらオーロラ加工が入っています。ピカピカしたものよりマットなものやフロスト加工されてるもののほうが好きなので新作の中では一番気に入りました。

こちらはアメリカのiherbでも買える日本の博士が開発した海外向けのオーガニック青汁GREEN MAGMAです。
大麦若葉がメインの青汁みたい。フランスでもBIOを扱うところで売っています。

4月に日本に帰って青汁買うまでのつなぎで買いましたが、高いわりにはう~んかも・・・。

まず、味が日本のより苦い。。日本のは抹茶とかが入っていてもっと飲みやすいですよね。
そして、粉の溶けがイマイチイメージ 4
しっかり何回かかき回さないと溶けないので、少し粉が残ったまま飲んだりもしてます。



以前、フランス製の有名どころオーガニック化粧品はロクシタンかメルヴィータぐらいしかないとブログに書いてしまいましたが訂正です。


かゆかゆが収まってきた今もオーガニック製品の発掘には力を入れていますが、アロマのエッセンシャルオイルで有名なFlorameもよく考えたらBIO基礎化粧品を出してるし、
写真のCATTIERもフランス製のオーガニックでした。ロゴは見たことあったのですが、BIO製品だとは知らなかった・・・リップクリーム デコメ絵文字

ラボラトワール カティエという会社名で、クレイ(泥)を配合した製品が多いです。


私が購入した敏感肌&乾燥肌用石鹸SURGRAS
白泥とシアバター配合。
こちらの石鹸、乾燥肌の私にはよかったのですが、普通肌の旦那には油分が多すぎたのか、
顔に使ったらいくつもニキビが!イメージ 3

リップクリームはワイルドマンゴとオリーブの配合されたもの。


イギリスで取れる成分の?エプソムソルトのバスソルト(塩と書いてありますが、硫酸マグネシウムです)も購入。
セレブに人気ということで使用中。汗がすごく出ると書いてあるのですが、全然出ない私は一体・・・お風呂 デコメ絵文字


右のALPHANOVAは赤ちゃん用のアトピー肌にも良いと書いてあったので買ってみたフランス製の乾燥肌用のボディローションです。
お風呂上りに塗ってます。
オーガニックスイートアーモンドオイル配合。

今現在、体の痒みはだいぶ収まっていて、夜中で痒みで目が覚めるというようなこともなく朝までぐっすり眠れるようになりました。

乾燥肌&敏感肌には違いないので油断は禁物ですが、一体あの突然のかゆかゆは何が原因だったのかいまだにアレルギーの原因が分からないです・・・。

こちらもアトピーによいということで購入してみたオーガニックルイボスティー。
調べてみたら他にもいろいろ効用があるみたいですね。

ほうじ茶に木の香りを足したような味で色はほうじ茶を少しだけ赤茶にした感じ。
なかなか美味しいので毎日続けられそうです。カフェインが入ってないのも夜にうれしい紅茶 デコメ絵文字

私の住んでるアルザス地方にあるフェアトレードのオーガニックティーメーカーです。
全国展開でBIO(オーガニック)ショップのサイトを見るとだいたいこの「レ ジャルダン ドゥ ガイヤ」のお茶が取り扱われています。
今度アルザスの村にある本社の直営店にも行ってみたいな~茶色いねこ デコメ絵文字

写真はブログからお借りした有名な北海道のフレンチブルドッグ一家の「夏彦ファミリー」犬 デコメ絵文字


現在7匹のフレンチブルドッグ家族がいて、北海道の大草原や川の大自然の中をすごく楽しそうな顔して駆け回ってる姿をつづっているオーナーの野生動物写真家さんによるブログ。
ムースキャビンって言う森の中のログハウスも素敵森ガール デコメ絵文字

フレブルたちの表情がものすごくイキイキしていて見ているとこっちまで気分がよくなります。
雪だろうが、裸で走り回ってる楽しそうな表情や姿が爽快。やっぱり顔に出ますね。
大好きです~!


夏彦一家を見てから都会の狭いマンションの犬・猫を見ると少し複雑な感情を抱くようになりました。退屈そうにしてる顔をしていたり。。
冬はマフラーにセーターまで着てて・・・かわいいけど免疫力なさそう。
フランスでは服を着た犬はほとんど見たことないです。


あと、日本の部屋の中に設置された犬の檻(ケージ)や柵(寝床やトイレが設置されているハウスという名前だけど、どう見ても檻にしか見えない。。)もこちらでは見ないので、あれを見るとすごく嫌な気持ちになります。

旦那も日本のあの部屋の犬の檻が嫌だと言っていたので、
アメリカに住んでる友達にも聞いてみたけど、繁殖ブリーダー以外、部屋に檻を設置してるのは見たことないそう。

日本の住宅事情などでは仕方ないのかもしれないけど、フランスの犬はおっしこもうんちも外でするので、パリであっても散歩にリードをつける以外は、ほぼ夏彦一家みたいな自由な飼われ方をしている犬がほとんど。

日中家が留守中や、夜の就寝前も、直前に外でさせておけば、家の中でおしっこやうんちをしてしまう子はほとんどいないです。
12時間ぐらいは持ちます。
なので、日本ではよく見る部屋の中のおしっこマットもフランスでは見たことがないです。。


もちろん、こんな大自然でなく、狭いアパートで飼われてる犬猫も大勢いるけど、夜や主人の留守中も悪さはせずに自分の寝床で静かに寝ているので(夜間、寝室には来ないように居間の扉を閉めておく。)檻や柵は必要ないと思うんですが、日本独特の飼い方なのでしょうか・・・。
不思議でしょうがありません。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします。

コメント