イヴ・ロシェの化粧品や日々のこと cosmétiques Yves Rocher et le quotidien

ブログ書かなきゃ書かなきゃと思っていたのに、書かずに写真ためこんでたので、ちょっと今回は長いブログになっちゃいます。
4月に撮った写真とかがすでに6月・・・あじさい デコメ絵文字

さて、写真はフランス在住の方々のブログでもおなじみのYves Rocher (イヴ・ロシェ)のコスメです。
ずーと、ロクシタンを使っていたので、イヴ・ロシェは横目で通り過ぎていたのですが、この度ようやくデビューいたしました。遅すぎ・・・(笑)

イヴ・ロシェは老若かかわらず、フランス人に愛されるまさに国民的コスメショップ。
フランス全国に現在680店舗があります。

完全オーガニックではありませんが、ナチュラルコスメです。

まあ、とにかくロクシタンに比べて安い!
そしておまけや特典がいっぱい。ロクシタンもおまけはすごいけど、イヴ・ロシェはDM持ってくと(メンバーズカード作るとDMが来る)全品50%OFFとか、豪華プレゼントとか、セットで買うとすごくお得プライスだったり、良心的なお値段。
ロクシタンはフランスでも正直ちょっと高いなぁと感じていたので、今はイヴ・ロシェを使っています。

上の写真右の「RÉPARATION」シャンプー(ドライ&ダメージ髪用)とコンディショナーはかなりいいです!
ノンシリコンのホホバオイル配合。
私の剛毛多毛、くせ毛にもなかなかの収まりを見せてくれます。

黄色い花のハンドクリームは日本人に人気みたい。
キク科のArnicaアルニカ配合のハンドクリームです花 デコメ絵文字

左はおまけのプレゼントで現品のマスカラとアロエベラのミニボディクリーム。
このマスカラよかったです!

花 デコメ絵文字センシティブスキン(敏感肌用)のふき取り化粧水とふき取り乳液、クリームの3点セット。
これも単品でバラバラ買うより、3つ入ったセットを買えば17€ちょっと!

後日、クリームは乾燥ひどいので+2個もリピート買いました。
1個15.90€のクリームが、同じものを2個買うと2個目がタダになりました!

イヴ・ロシェはヨーロッパではおなじみだけど、残念ながら日本にはまだ上陸してないので、(アメリカにはWEBショップあります。)
フランスのお土産として人気があるみたいですね。



ナルサワ メイさん。
先日、パリで行われたコンクールで、日本人女性がフランス最優秀バゲット賞を取ったとのこと。同じアルザス地方在住なので、France 3のローカルニュースでやってました。

なんと外国人初、女性初という快挙!王冠 デコメ絵文字

すごい!

パン デコメ絵文字Mertzwillerのパン屋さんで働いてるそう。
過去には、ビゴやパリと日本のエリックカイザーで働いていたそう。

トロンプルイユ(だまし絵)が外観のお店。
他にも日本人?らしき女性たちが数人映ってました。

2017年フレンチトラディショナルバゲットの最優秀賞。
ちなみに、こちらはフランス全国のバゲットが対象のコンクール。

パリ最優秀バゲット賞も毎年あり、そちらの最優秀バゲットはその年度のエリゼ宮に毎日納められることになっています。マクロン大統領が食べるんだろうな・・・フランスパン デコメ絵文字

バゲットはフランス人にとっては白いご飯のようなもの。
日本でもいつか最優秀ライス賞を外国人が受賞する日が来るのでしょうか。。ご飯 デコメ絵文字


Philippe Katerine(フィリップ・カトリーヌ)のコンサートに4月行ってきました!
日本でもインディ系フレンチとして知る人ぞ知るKaterine カトリーヌ。

昔は結構ハンサムだったけど、今は髪の毛も薄くなってお年を召してた(笑)
でもなんかかわいい。

テーマは王子と王女(笑)王冠 デコメ絵文字
劇と歌が混じったようなコンサートでした。

カトリーヌは名優ジェラール・ドパルデューの娘さん、ジュリー・ドパルデューのパートナーとして有名。子供もいます。カップル共々お洒落でエキセントリックで面白いから好き花 デコメ絵文字

小さい会場で、私は前列から2番目の席だったので間近で見ることができて、カトリーヌに膝枕されたから、頭ポンポンしておいた(笑)

金王冠 デコメ絵文字独特の王子コスチュームが面白い(笑)

ピアニストやスタッフのことなどを書いたカトリーヌ手書きのセンスあるパンフ。


最後は私服で出てきました。


馬 デコメ絵文字会場に行く途中、馬をけん引してるお洒落な車が。
初めてこういう洒落たデザインの見ました。



長女のケイト・バリーがパリのアパートのバルコニーから転落死して以来(自殺か事故か詳細は不明)、自身の病気もあって入院してたジェーン・バーキン。

ゲンズブールの曲をシンフォニーで歌う新しいアルバムをリリースしたようで久しぶりにTVに出てました音符 デコメ絵文字

当時は薬の副作用かスリムなバーキンが顔とかぶくぶくに太っていたけど、今はちょっとは元気になったようで、前のバーキンの様子に戻っていて良かった。

バーキンのシンプルなファッションセンスはやっぱり好きハート デコメ絵文字

アメリカから友達が遊びに来てたとき、ストラスブール市内もいろいろ行きました。

オランジュリー公園で撮ったお気に入りの1枚。
東屋みたいなのと、昔のお城のテラスみたいな雰囲気が好き。
素敵な公園ですよ。

オランジュリー公園の周りには欧州議会議事堂があったり、欧州人権裁判所があったりと国際機関が集まっています。

各国の領事たちが住んでいる高級住宅街でもあります。

ストラスブール近現代美術館絵の具 デコメ絵文字

ここのテラスのカフェは気持ちいいです。
カフェへは美術館の中に入らなくても外側の階段から上へ行けます。
上に馬のオブジェが建ってる馬 デコメ絵文字

ちょっと天気悪かったけれど、バラージュ ヴォーバン(Barrage Vauban)
ヴォーバン・ダムからの眺め。
ルイ14世時代1690年建設の元軍事施設で世界遺産です。

ダムは上に上がれるようになっていて、近現代美術館の広場から繋がって行けます。
よくガイドブックにも載ってるヴォーバンから撮ったアングル。

ストラスブール市内にあるオランジュリー公園にいたコウノトリ(野生)
鶴と亀 デコメ絵文字鶴に似ています。



コウノトリはアルザス地方のシンボル。

「赤ちゃんを運んでくる」とのレジェンドは、1840年頃にアルザスからフランス中へ、その後世界中へ広まっていったそうですコウノトリ デコメ絵文字

また、コウノトリは夫婦がいつも一緒にいることから、fidélité(忠誠)の意味も。
コウノトリが巣を作ったり、家の上を飛んでたりすると幸運が訪れるとも言われています。


アルザス地方の田舎の方に行くと野生のコウノトリが見えますが、ストラスブール市内では、オランジュリー公園やその周りにいます。
飛んで行ったあとで巣が空っぽなこともありますが。。


公園辺りにいるのは北のドイツから飛んできて、ストラスブールのあとはスペインなどの南まで飛んで行き、最終的にはアフリカのサハラ砂漠あたりまで飛んで行く本来の渡り鳥組と、一年中定住してて飛んでかない組とが混じってます(笑)

同じコウノトリなのに、定住組と渡り鳥組の違いはよく分かりませんが、最近は地球温暖化の影響か、アルザス地方も冬がそんなに寒くないので、暖かいアフリカに飛んで行く必要がないのも理由のひとつかと(?)

面白い鳴き声をしますよ。

~2017年7月後記~

7月1日(土)にコウノトリの鳴き声を、NHKちきゅうラジオの「ちきゅう音クイズ」の中でクイズとして採用していただきました!コウノトリ デコメ絵文字

2017年7月1日(土)ちきゅうラジオ
ラジオ デコメ絵文字インターネットラジオでこちらから過去のが聞けます。


カタカタカタカタ面白い鳴き声をしますので、ぜひ聞いてみてください。
「ドイツのコウノトリ」と答え方惜しかった!
実際、オランジュリー公園辺りにいる野生のコウノトリはドイツから飛んで来たものたちなのです。

ちきゅう音クイズ 2017年7月1日(土)

放送を聞いて、日本のコウノトリのくちばしは黒で、ヨーロッパのコウノトリは赤など知らなかったことも分かりました。
成鳥のクラッタリングは求愛や威嚇などとも。
求愛には見えなかったので、怒ってたのかな?(笑)
一匹がクラッタリングしだすと、周りもみんな合わせて鳴くので、会話とゆうかお互い存在確認してるように見えました。


園内にコウノトリ飼育センターもあります。

今年も恒例のイチゴ狩りに行ってきました。
フランスのいちごシーズンは5-6月ですいちご デコメ絵文字

ストラスブール空港近くの畑に行ってます。

4kg採って、13€!安い~。
甘くておいしかったですいちご デコメ絵文字

早速摘んできたイチゴで旦那はんが作ったホールのショートケーキ。
中にもイチゴでスポンジも自分で焼いて6ユーロぐらいで手作りできますいちごのショートケーキ デコメ絵文字

早いとこ4kg食べなきゃいけないので、そのまま食べるだけでなく、イチゴのスムージーやアイスクリームも作っていましたアイスクリーム☆シロクマ デコメ絵文字

6月になったら大きめの蚤の市が結構頻繁に週末開かれてます。
7月、8月はバカンスで開催がほとんどないので今が一番いいシーズンなのかな。

トラック デコメ絵文字テロ対策でおっきいトラックが入り口をふさいでました。

大きめ蚤の市は年1回とかでそれぞれの場所で開かれるので、スケジュールをよくチェックしておきます。

フランス全国の蚤の市スケジュールはこちらのサイトからチェックできますコーヒーカップ デコメ絵文字

6月の週末は結構蚤の市が多いです。
バカンス中の夏はあまり開催されません。



2か所のBrocanteでアンティークのどんぶりとヤドリギ(宿り木)の枠を買いました。
赤ちゃん デコメ絵文字赤ちゃんの古い写真が入ってた。
枠はアクセの撮影用、大きいカップはラーメン入れるどんぶりにしようかと思っていますラーメン デコメ絵文字

すずらん デコメ絵文字ヤドリギ、スズラン、スミレはフレンチアンティークを扱う日本のお店で定番の人気モチーフ。
私も大好きだけど、最近はフランスでもあまり見つからない気がする。。すみれ デコメ絵文字








にほんブログ村
◎チェリー デコメ絵文字よろしければポチお願いします。

コメント